ホーム
設立の目的
事業概要
基金の仕組み
水源地域図
情報公開資料
リンク集

急峻にして流路の短い豊川は、川幅が狭く蛇行した下流域で頻繁に洪水を繰り返してきました。豊川における治水事業は、江戸時代に中下流部に設けられたと言われる霞堤に始まり、本格的な改修としては、昭和13年の着工以来、多くの治水事業が実施され、特に昭和40年に完成した豊川放水路は、洪水被害の軽減に大きく貢献しています。

 また、水利用の歴史は室町時代に開かれた松原用水を始め明治時代に作られた牟呂用水、さらには昭和43年に完成した豊川用水によって渥美半島までをも潤すこととなりましたが、東三河全域の増大する水需要への対応には豊川の水だけではなく、隣接する天竜川水系からの導水にも頼らざるをえないものとなっています。

 このように、豊川水系における治水と水資源の確保という重要な課題には、上下流が連帯して、治山、治水あるいは水資源の涵養に重要な役割を果たしている森林の保全、ならびに水源開発に伴う影響緩和のための措置を継続的に講じていくことが必要なことから、そのための組織として、水系一体の思想のもとに公益財団法人豊川水源基金が誕生しました。基金は、東三河8市町村と国・愛知県が資金を負担し、共同で運営にあたり、水源地域の振興事業や水源林対策事業を行っています。

水系一体の思い

豊川上流(設楽町)